読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいたくちへぼたもち

雑記や日常、ものをつくる話など

「まだ着れる」ことの怖さ

ものすごく久しぶりに、スプリングコートを新着した。

ベージュのステンカラーコートという、春や秋に着るには鉄板の、ベーシックなコートだ。

 

実は手持ちに似たようなコートがある。

今回購入するにあたって、そのコートの事を考えていた。

 

手持ちのコートは、自分が20代半ばに購入したものである。

セレクトショップで買った、結構値の張るものだ。

 

一応まだ着れるし、何も買い換える事は無いのかも知れない…

 

そう考えていたのだけれど、買い換え検討に当たって、その古いコートを着てみたら、「ああ、これは買い換えが必要だな」とすぐに思えてしまった。

 

着れないことはない、のだ。

けれども、デザインが古い。

 

10年前に購入したベージュのスプリングコートは、今回購入したものに比べてデザインに野暮ったさがある。

 

正確には、その当時流行っていたような形と今の流行りとは違う、ということだ。

 

自分の審美眼の善し悪しはとりあえず置いておくとしても、その古いコートを着た鏡の中の自分は、年齢と合わないものを着た中年の人、という印象があった。

 

このことによって、コートを思い切って買い換えることにしたのだ。

 

「まだ着れる」という気持ちは、自分がお洒落をしたい、とか、綺麗になりたい、という気持ちを阻むんじゃないだろうか。

 

定期的に手持ちのワードローブを調べ、

その時の自分に最適だ、と思える洋服選びをしていきたい、と改めて考えるのだった。